MENU

消費者金融キャッシングの金利の範囲は4.0%から18.0%

消費者金融いる方もいらっしゃると思います。確かにグレーゾーン金利での貸付けが一般的になっていた頃は金利の高さを感じる方も多かったでしょう。それでもグレーゾーン金利での貸付けに規制が入り、多くの利用者から過払い金請求がされるようになりました。それにより経営困難のリスクを乗り切りながら、利息制限法の上限金利を守って貸付けを行う大手消費者金融では、軒並み4.5%から18.0%の範囲での金利を適用するようになりました。

 

利息制限法の上限金利とは、10万円未満の貸付けでは20%、10万円以上100万円未満ならば18.0%、100万円以上では15.0%となっています。100万円以上の借入れとなると金利が安くなるのは、利息制限法の上限金利の規定によるものです。また消費者金融では遅延損害金利率には20%の金利を設定していますが、10万円未満の貸付けでも18.0%の金利を設定しています。

 

 

 

 

【消費者金融の利息について】

 

 

大手消費者金融の中でも最も金利が安いのがプロミスで、4.5%から17.8%となっています。その他のアコムやモビット、アイフル等の消費者金融では最低利率は4.5%から4.9%と開きはありますが、最高利率ではどの消費者金融でも18.0%に設定がされています。

 

〈消費者金融の無利息期間〉
消費者金融であっても低金利で利用をできるようになっていますが、それでもプロミスや新生銀行レイクでは30日間無利息期間を設ける等のサービスを展開しています。またアコムでもキャンペーンを行う時には、不定期で30日間無利息キャッシングを利用できる事ができます。

 

新生銀行レイクでは現在は銀行として生まれ変わっていますが、金利や営業形態では元の消費者金融としての形を取っています。無利息期間ではその他に5万円までの180日間無利息融資を行っています。

 

ノーローンでは1週間無利息期間があるのですが、他の無利息サービスの消費者金融では初回の利用に限られているのに対し、こちらは何度でも無利息サービスを利用する事ができます。
これらの無利息期間が終了すると通常の利息が適用されるので、期間内に返済をしてしまう事で利息の支払い額を「0円」にする事ができます。初めての利用にはこのようなサービスを行っている大手消費者金融の利用はオススメです。

 

 

 

 

【消費者金融での利用可能額とは】

 

 

消費者金融でキャッシングをする時にいくらまで借りられるのかと言えば、多くても300万円から500万円までとなっています。それでも初回の利用でこのような高額の利用は不可能と言えます。どんなに属性の良い人でも初回の利用では一般的に50万円以下に借入限度額を設定されているようです。初めてお金を貸す人に対してはその信用度を確認した後に高額な融資を行っているという事が言えます。

 

また何度か利用をして行く事で借入限度額の増額が可能になりますが、それでも年収の1/3以下に相当する金額がその人の借入限度額となります。そして消費者金融で50万円を超えるキャッシングをする時には収入証明書の提出が必要になります。
でキャッシングをする時の金利は高いのではないかというイメージを持たれて